ヘッダー情報

埼労連
労働相談はこちらへ
0120-78-3160
0120-78-3160
労働相談は月-火-木-金(祝日を除く)午後1時から6時まで

ヘッダーメニュー

ヘッダー画像

働く「あなた」を応援します!(埼労連とは?)
■「埼労連(埼玉県労働組合連合会)」とは?

 埼労連は、1989年11月に結成したローカルセンター(地方組織)であり、労働組合の連合体として、地域の賃金底上げや労働条件の改善を求める運動や労働相談はもちろん、共同を広げながら国民的な要求実現のために命とくらしを守ることを重視し、立憲主義・民主主義・平和主義を取り戻すための様々な取り組みをすすめており、労働者・国民の利益をなによりも大切に運動しているナショナルセンター(全国組織)の全労連(全国労働組合総連合)の一翼を担っています。
 埼労連は、産業別全国組合の県組織(単産)と地域組織で構成され、現在19単産26地域組織で約10万人が結集しています。単産が全労連に加盟していない組合や単独組合でも地域組織に加盟することができます。また、一人でも加入できる労働組合(埼玉ユニオン)も構成団体となっており、「みんなで決め、みんなでたたかう」という組合員が主人公の活動を基本に、組合員の政党支持・政治活動の自由を保障しつつ、各産業のたたかいと地域のたたかいを調整し、全国的な統一闘争を進めています。


■労働者の利益を守るため

 埼労連は、1989年11月に結成したローカルセンター(地方組織)で、同時期に労働者・国民の利益をなによりも大切にするナショナルセンター(全国組織)として誕生した全労連 (全国労働組合総連合)の一翼を担っています。
 労働組合の連合体として、地域の賃金底上げや労働条件の改善を求める運動や労働相談はもちろん、対話と共同を広げながら、平和や民主主義を守るための様々な取り組みをすすめています。


■労働者・国民の要求をみんなの運動で

 大幅賃上げや労働時間の短縮、人減らし「合理化」反対、労働基準法の抜本的改正など労働者の切実な要求の実現をはじめ、「社会保障、教育の充実」、「税制の民主化、消費税廃止」 や平和・民主主義を守る課題など国民生活、社会全般にかかわる目標をかかげています。




■企業・産業の枠を越えて運動発展を

 全労連の組織の特徴は、産業別全国組合(単産)と都道府県組合(地方組織=ローカルセンター)で対等に構成されていることです。埼労連も同様に、単産と地域労連で構成されています。
 単産が全労連に加盟していない組合や単独組合でも、地域労組に加盟することで、全労連・埼労連の一員として活動していくことができます。


■「主人公はあなた」を貫きます

 「みんなで決め、みんなでたたかう」という組合員が主人公の活動を基本に、組合員の政党支持・政治活動の自由を保障しつつ、各産業のたたかいと地域のたたかいを調整し、 全国的な統一闘争を進めています。
 また国民的な要求実現のための共同や世界の労働者との連帯も大きく広げています。



■ジェンダー平等と女性の権利拡大を

 日本では、女性労働者の5割を超える方が非正規で働いています。女性が働きやすい職場・生きやすい社会は、だれもが生き働きやすい社会です。女性差別撤廃条約と日本政府への勧告を具体化し、実効ある社会づくりの運動をすすめます。


PAGETOP