ヘッダー情報

埼労連
労働相談はこちらへ
0120-78-3160
0120-78-3160
労働相談は月-火-木-金(祝日を除く)午後1時から6時まで

ヘッダーメニュー

ヘッダー画像

住宅資金を考える いくらあれば家は買える。マイホーム購入計画!
■住宅購入資金 = 頭金(20%)+​住宅ローン(80%)+諸費用(5%)

 一般的に購入金額の20%は頭金が必要とされています。また、購入時には登記などの手続きにかかる諸費用として、購入金額の5%程度が必要です(新築の場合)。よって、購入金額の25%を自己資金として用意できることが安心です。​

 住宅購入の状況は、頭金は約200~700万円で月々の予定返済額は約8~12万円、世帯収入に占める1か月のン歳額の割合は19~24%が平均的です。(住宅金融支援機構「フラット35利用者調査2019年度」)​


【住宅の購入価格】​

住宅種類  全国平均額    首都圏  
 土地付き注文住宅  4257万円 4993万円
建売住宅​ 3494万円​ 3915万円​
マンション​ 4521万円​ 5032万円
中古戸建​ 2574万円 3163万円
中古マンション​ 3110万円​ 3392万円​

■ライフステージの変化を考慮した返済計画が重要

 「子どもが生まれて共働きできなくなる」「教育負担が増える」「介護が必要となる」といったライフステージの変化を見込んで計画を立てることが重要になります。仮に借入金1000万円・金利2.0%で10年返済なら返済総額1104.2万円ですが、金利4.5%で35年なら1987.7万円になります。​


■借入額1000万円とした場合の毎月返済額​


■毎月10万円ずつ返済する場合の借入可能額​


PAGETOP